WiMAXのキャンペーンと最新情報サイトについて


MacBookAir注目のデータ通信、ワイマックスのキャンペーンや最新情報をお届けします!

WiMAXは私自身もサービスの開始以来愛用している、データ通信末端で、登場した当初は、そのハイスピード通信に注目が集まり、また、それは最大のセールスポイントでした。

残念ながら現在は、ドコモをはじめ各社の通信速度は足並みを揃えてハイスピード化され、ワイマックスだけが目を見張る早さを誇る末端ではなくなってしまいました。

それでも、ワイマックスを選ぶワケがあります。

他社では必ず適用される速度制限がWiMAXにはありません。どういう事かといえば、詳しくは当サイト、以下の該当ページをご覧頂きたいのですが、データ通信量が無制限のプランを契約すれば、どれだけ利用しても制限がかかりません。

>>> WiMAX(ワイマックス)の速度制限(帯域制限)について

 

速度制限が無い、さらには速度制限だけではなく、他社の様に、通信料が増える度に支払いが発生するなど、追加料金は一切ナシ!のプランが用意されているのはWiMAXだけなのです。

自宅にプロバイダと契約して固定のインターネット回線を引かなくても普通にネット環境を手に入れる事が出来るという事です。

専用のプロバイダ契約は必要ありませんし、契約したその瞬間から通信が可能、ワイマックスはとにかくリーズナブルでシンプルに利用する事ができるのが魅力なのです。

ちょっと前までは、郊外へ行くと繋がらない、街中であっても高層ビルの上階やガード下やビルの谷間などでは繋がらない事がしばしばあったのは事実です。

エリアは日々広がっているとはいわれていたものの、他社と比べると不自由なのは否めませんでした。ところが、最近では、例えば、WiMAXとWiMAX2+、au4Gの3つの回線をセレクト出来る末端も登場し、これによってつながらない場所はほぼなくなりました。

これまで指摘されていたデメリットは解消されたという訳です。

ネットビジネスを生業とする職業柄、ドコモやYahooの末端も社内にはありますが、実際に使用して比較した体験では、ワイマックスをほぼ9割の場面で持ち歩きます。

初めてのデータ通信末端を購入する方も、他社からの乗り換えの方も、2台目のデータ通信を契約する方にも、サービス内容と利用料金を見直したい方にも、自信を持ってオススメできます。

  • 商品券10000円のプレゼントキャンペーン。豊富な料金プランが魅力。また、WiMAXのエリア外となってもauのエリア内なら「au 4G LTE」で繋がる通信エリアの広さが魅力。
  • ビッグローブのおすすめポイントは、キャッシュバックはもちろん、他社は2年間の縛りがあることがほとんどですが、12ヶ月目での解約は手数料が要らないという事。 24ヶ月間、500円/月値引き、2年間データ通信量制限無しも魅力です。
  • 最大27000円キャッシュバックキャンペーン中。キャッシュバックの多さと共に、キャッシュバックの対象外とはなりますが、8インチのタブレット末端 (ASUS MeMO Pad8)とWi-Fiモバイル末端がセットになって1円というお得な価格設定のキャンペーンも魅力。